インパクトを知る

ゴルフのショットの結果のほとんどはインパクトの瞬間のボールとヘッドの関係が決めていて、打ち出されたボールは重力に引っ張られながら、空気抵抗と地面の摩擦抵抗でボールの止まる位置が決まります。

 

プレーヤーがコントロールできるのはボールを打ち出すまでで、この後ボールが止まるまでは運を天に任せることになります。

 

一方、プレーヤーのミスショットの理解の仕方として、今のは「左ひじが引けたから右にスライスしてしまった。」という理解をしがちなので注意が必要です。

 

これを、「フェースが右に向いてインパクトをしたから右のラフに打ち込んでしまった。」→「これは、左ひじが引けてしまったからだと思う。」→「次は左わきを絞めて構えてスイングしてみよう。」と、考えられたら良いと思います。

 

惜しいのは、「フェースが右に向いてインパクト下から右のラフに打ち込んでしまった。」→「次はもっと右手を返して打とう。」

 

これだと、スイングにとってマイナスな要素を取り入れての応急処置となってしまうので、いずれ右手を返し過ぎて左に飛ばしてしまうようになっていってしまいます。

 

もしやむを得ず、このような対処をとった場合は、早めにドライビングレンジなどで正しい処置を施しておきましょう。

 

ということで、ショットの結果を見てインパクトを分析して、それに対しての対処を施し、試してみる、という繰り返しができるようになれば上達に向かっていくと思います。