ドロップ

球がウォーターハザードの中の打てない場所に入ってしまう、アンプレヤブルの処置をとる、カジュアルウォーターやカート道路の救済を受けるなど、ラウンド中にドロップを行う機会は案外多いと思います。

このドロップ次第で次打の状況が変わる為に、上手にドロップできれば有利にゲームを運べるのでしょうが、運に左右されるケースも多いので、ドロップを完全にコントロールをする事は難しいと思います。

しかしできることなら、次打を良いライから打ちたいと誰もが思うでしょう。

本日は、みなさんの参考になるかは分かりませんが、ドロップの時に私が注意している点をお伝えします。

ドロップをする場合、球を落とす地面の硬さと芝の長さ、傾斜を観察してからドロップする位置を決定すると良いと思います。

地面が柔らかい、芝が長い、平らな箇所では、ドロップ後の球は近くに止まりやすく、反対に地面が硬い、芝が短い、傾斜の箇所に球を落とすと遠くに止まりやすくなります。目安としては、芝が薄い所や裸地などはクッションがなくなりますので、ボールが弾んで遠くまで転がりやすくなります。

私も以前ドロップしたボールが、まさか入らないだろうと考えていたディボット跡などに入ってしまう事がありましたが、上記の現象を考えて、ドロップする場所を決めるようにしてからは、良いライから打つ回数が増えたと思います。

たかがドロップですが、トラブルの後に傷口を広げない為には慎重に行うことをオススメします。