段差のあるグリーン

2段グリーンや3段グリーンなどが多いゴルフコースは、難易度が高く、なかなかスコアがまとまらない方も多いと思います。

段差のあるグリーンでは、基本的に上の段ほど、グリーン面が硬く、ボールの転がるスピードも速くなります。

上記の現象は、水が高い所から低い所に流れるという性質を考えれば、不変の定理と言えると思います。

上の段ほど、グリーン面が速く乾き、硬くなりますので、ショット、アプローチ、パッティング時に、ボールの止まり具合や、スピードの変化を考えて対応してみてください。