暑い日のゴルフは」飛距離が出るゴルフを楽しみましょう

気温が高いほど空気密度は小さくなります。なので、無風の場合気温が高いほどボールの空気抵抗が少なくなるので猛暑の中でのゴルフは飛距離が伸びます。標高の高いゴルフ場で暑い日に当たるとかなり飛距離が伸びます。

飛距離が出るのですが、ウェッジやショートアイアンなどのスピンが多くかかる番手ほどよく距離が出ます。もし暑い日のプレーで短い番手でオーバーすることがあればそれは気温のせいで飛距離が出ていることを察知してすぐに短い番手を選択するように切り替えましょう。

ドライバーは普段スピン量が多すぎて飛距離が出ない人がより距離が伸びます。スピン量が適正か少なすぎる人は飛距離が伸びなかったり落ちたりすることもあります。カチャカチャ機能がついているドライバーをお使いならロフトを増やすことでキャリーが出るようになりますので調整するといいでしょう。

飛距離が出て楽しい気分を味わえるなら暑さを忘れてプレーできるかもしれません。暑い日のゴルフは熱中症さえ気を付けていれば楽しくプレーできるのではないかと思います。暑い日が続きますが是非一年で一番飛距離が出る時期のゴルフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

初めての夏場のゴルフは熱中症対策を忘れずに

夏は突然の雷にも気をつけましょう

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。