大叩きを積極的に予防する

スコアが悪いときは各ホール満遍なくスコアが悪いか、数ホールで大叩きをしてしまうかのパターンになるだろうと思います。

前者は飛距離が足りないことが多く、後者は十分過ぎるくらいに飛距離が出る人が陥りやすいパターンですが、いくつかのホールで大叩きをしてしまうのは、OBや池ポチャを連発したり、バンカーから何度打っても出ないとか、林の中から何度も気に当ててしまったりとマネジメントで防げるミスが含まれているのがほとんどです。

これらの予防策は必ず施しておきましょう。

・ティーショットのOBや池への打ち込みに関しては技術的にショットの精度を高くする練習をしながら、狭いホールやOB、池に打ち込みそうなホールでフェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアンなどを選択するようにしたり、たとえ遠回りでも安全な方向を狙うことを徹底しましょう。もしかしたらナイスショット出来るかもという考えは危険です。

・クロスバンカーからは必ずアゴを超えることが出来そうな短い番手を選んだり、距離を稼ごうとしてトップして出ないことを防ぐためにダフリ気味でもいいから脱出を優先したマネジメントをしましょう。ガードバンカーでの大叩きは、バンカーショットの技術を高めつつ現場ではバンカーに届かないクラブを選択したり、バンカーがない方向を狙うなどしてバンカーから徹底して逃げるくらいでもいいと思います。そうすると逃げ回り過ぎて余分なストロークを弄してしまうかもしれませんがバンカーショットに自信が持てないうちは致し方ありません。

・林の中からはショットの打ち出しの方向と高さをコントロールする練習は普段からしておき、それが上手くなるまでは一番広い隙間を狙って1打犠牲にすることで大叩きを予防しましょう。

ゴルフは1打取り返すためには大きなリスクを背負うことになりやすいというゲーム性になっています。林に打ち込むというミスをしたのですからそのホールの目標スコアの+1打だけで済ませることに集中しましょう。自分が確実にできるショットだけを選択し続けることが結果的に好スコアにつながるようになるでしょう。

技術が高まれば今無謀なショットも安全にクリアできるようになりますからそれまでは無理は禁物です。攻めと守りのメリハリをプレーの中で楽しんでみてください。

左右のトラブルを回避する手段を持っておきましょう

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。