最悪を回避するショットを身に着けよう

 

 

コースマネジメントの大半はディフェンスです。これは最悪の事態を避けることです。
例えば下りの速い1メートルのラインでカップに距離を合わせて2パット以内で上がることを意図することがディフェンス、強めに打って1打で沈めることのみを意図して打つのがオフェンスとなります。

いつも良いスコアでプレーできる人が共通して持っているディフェンスの技術があります。それは左右どちらかにミスを限定したショットが打てるということです。
例えば右が危険なら手首を返して左に飛びやすいスイングをして、左がOBなら左肘を逃がした右に飛びやすいスイングをするなどしてOBにだけはならないようにするというようなことです。この方法では少し不安な感じもしますが、ただ真ん中を狙って打つ人と比べたら平均スコアが良くすることができます。

 

ここでは方法については置いておいて、ミスするとしたら左へミスするとしたら、右への2通りショットを練習して身に着けておくことをお奨めします。どのレベルの人でもこれは重要なテクニックで、上手くなったら考えようというのでは一歩遅れをとることになると思います。100切りを目指している人でも100%を目指してください。その代わり上級者と比べて右を避けるなら左への大きなミスは許容しましょう。

このショットを早い段階から練習することは基本スイングを作るうえでも役に立ちます。左右のどちらか一方を確実に避けるショットを積極的に工夫、練習して身に着けてほしいと思います。

良いスコアを出すには、何をおいてもショートゲームです

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。