夏場のショートアイアンはつかまり過ぎに注意?

冬場と夏場では芝生の上から打つショットのとき、夏場の方が左に飛びやすくなります。

 

というのは、芝生が伸びてきてボールが浮いたライから打つことが多いためで、ボールが浮く夏場の方が左に飛びやすいわけです。

 

 

夏用のアイアンと冬用のアイアンを用意するとしたら、夏用のアイアンの方を少しアップライトなものにするといいでしょう。

 

特にウェッジが夏場はつかまりやすくなるので、シャフトを硬く、ライ角をフラットに、バウンス角を大きなものにするととても使いやすくなります。

 

もちろん、夏場にボールがつかまらないようにスイングしたり、短く持って打ったりすれば簡単に対応ができますし、気にし過ぎる方が問題になりますが、極端に浮いているときのショートアイアン以下のショットのときは注意するといいと思います。

 

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返します。