夏場のランニングアプローチ

 

 

気温も上がってきて、ゴルフ場の芝生生育が盛んになってきて良いライからボールを打てる機会が多くなってきました。

 

冬場のグリーン周りでは芝生が枯れていて転がりやすくボールがあまり浮いた状態にはならないので、パターでのアプローチが有効でした。

 

 

芝生が伸びてきて葉も元気な状態になるこれからの季節はパターではかなり強く打たなくてはいけなくなります。

 

 

すると、ファーストパットのタッチが無意識に強くなってしまうこともあります。

 

エッジが近ければ問題ないのですが、少し距離がある場合は、パターに代わり少しキャリーが出るクラブでのランニングアプローチの方が有効になります。

 

6I~PWの中から1本距離感を出せるクラブを作っておくといいでしょう。

 

日本でのゴルフでは、気温の変化、芝生の変化に対する対応力も実力のうちになります。

 

季節により、クラブや打ち方クラブ選択などを変化させて対応していきましょう。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返します。