女性のフェアウェイウッドのロフトの選び方

ヘッドとボールの当たり方が同じだとすると、ヘッドスピードが遅いほどボールの回転による浮き上がろうとする力が弱くなるので3番ウッドを地面の上から打つとボールが高く上がらないために芯に当たっても5番ウッドよりも距離が出なくなることがあります。

 

男性用の3番ウッドのロフトは15°というのが標準です。

 

女性用は15°~17°と開きがあります。

 

ちなみに人気のゼクシオレディスは以下の通りになっています。

 

ロフト・バリエーション
#3   15°

#4   16.5°

#5   18°

#7   20°

#9   23°

 

フェアウェイから一番飛ばすクラブクラブの設定の目安はドライバーのヘッドスピードが35m/s以上あって高く上がりやすい人は#3を使うと距離ががせげるでしょう。

 

この場合は3,5,7と組み合わせておくといいと思います。

 

自分は平均的な距離かなと感じるなら、4,7,9、として、ティショット専用に3も持っておくという方がいいでしょう。3よりも4の方が高さが出せて飛ばせる可能性が高いです。

 

飛ばない方かな、と感じる人は5、7,9として、ティショット専用に4を持っておいてもいいかなと思います。

 

このくらいが、大体の目安ですが、持ち球がスライス系の人は1段階上を選択してもいいでしょう。

 

あくまで、目安でしかありませんので、実際に試打をして一番飛ばせる番手がどれかを把握して使い道を考えてから購入しましょう。

 

ご自分で判断できなければショップのスタッフさん等の専門家の方に相談する事をオススメします。