左脇が開く

フェースが右を向いて当たってしまう原因の一つで代表的なのが左脇が開いた状態、あるいは自分から見て左に引けた状態でインパクトをしてしまう事です。

 

こうなってしまうと、インパクトでアドレスのクラブ位置と比較してグリップエンドが体から離れ、自分から見て左にずれた結果、フェースが右を向いて当たり、右に飛ぶスライスボールになってしまいます。

 

これを防ぐために脇をしめて打てと言われます。

 

この脇が開いてインパクトする事につながりやすい勘違いがあります。

 

それは、「タメを作れ」です。

 

トップからヘッドを遅らせようとして手までトップの位置に置いてきてしまい、インパクトの直前にまだアドレスのグリップエンド位置より高い所にいるために手首を縦にほどきインパクトしなくてはならなくなります。

 

これによって左脇が開くことがあ誘発されてしまいます。

 

タメヲ作るためには手が下に下がる速度が速ければ結果的にヘッドが後ろに残り、タメがあるダウンスイングになります。

 

するとその結果左腕が早く体に引きつけられるので脇がしまったインパクトになります。

 

これに関連する勘違いで、腕を目標方向に振ろうとしてしまう事が左肘が自分から見て左に引けるインパクトを作ってしまいます。確かに本能的には手をターゲットラインと並行に振ればまっすぐ飛ばせそうな感じがするかもしれませんが、クラブを介してボールを打つのでそうはならないのです。

 

ということで、これらが原因でスライスが多く出る人は、ダウンスイングの早い段階で腕が体の近くに戻ってくるように工夫してみて下さい。