スライスを防ぐ左手の使い方

スライスでお悩みの方の大半はインパクト時に自分から見て右側のグリップ部分を指先で目標方向に押してしまっています。これが原因でフェースが開いてスライスになってしまいます。

 

これを防ぐためのドリルをご紹介します。

 

まず普段通りにグリップしてください。そして左手の小指、薬指、中指をまっすぐ伸ばしてハーフスイングで出来るだけスピードセーブしてボールを打つだけです。この際にインパクトの直前直後で左手のひらでグリップを右に向かって押す力が加わっていればOKです。

 

指を伸ばして打つのは指先の腹でグリップを目標方向に向かって押すことを出来なくするためでインパクト時に左手の平でグリップに圧力をかけるとヘッドを目標方向に動かす力になるためにつかまったボールを打てるようになりっ飛距離アップも望めます。

 

お試しあれ。