スライスとチーピンが出る QandA

今日はスライスについての質問を拾ってきました。

Question

ドライバーのチーピンとスライスでのご相談です。 ★練習場では全てスライス(OBになりそうなレベル)、ラウンドでは全てチーピン(良くてフック)で2年間悩まされています。
毎週2回、1時間ほど1ポイントレッスンを受けています(4年間)、月2回のラウンドペースです。ゴルフ歴5年。45歳。
最近、ドライバーをテーラーメイドR540 → ゼクシオ7ドライバーに変えましたが全く同じ症状です。
とにかくラウンドでチーピンが出ないようにしたいのですが、練習ではスライスばかりで、レッスンプロにもスライスの修正方ばかりアドバイスされ2年たっても全く治りません。
どうしたら良いでしょうか?

Answer

練習場でのショットとコースでのショットが変わってしまうという悩みをお持ちの方はとても多いのではないでしょうか?

両者の違いと共通点を見つけるとソコに打開策が見えてくるかもしれません。

練習場とコースでの違いは心理面の違いが大きいと思います。簡単にいうと、リラックスして打てる練習場と緊張して打つコースとの違いです。コースでは緊張しがちなので練習場の体の状態よりも固くなり関節の可動式が狭くなりやすく、その影響で練習通りにスイングしたつもりでも違った結果になってしまうわけです。

また、質問者の方の技術面としては練習場ではフェースが開きスライス、コースではフェースが閉じてチーピンになっているのではないか?と推測されます。

言いかえるとリラックスするとフェースが開き、緊張するとフェースが閉じてしまう傾向にあるのでしょう。

コースで緊張することについては過度の緊張でなければそうなるものだと割りきった方がいいでしょう。あまりに過度に緊張してしまう場合は場慣れと技術アップにより自信が持てるようになれば過度な緊張からは解放されると思います。

結論としては質問者さんの場合、技術的な課題として、急激なフェースの開閉を抑えることで練習場とコースの違いを小さくすることが急務です。そしてスイング中のフェースの向きをコントロールすることが出来るようになればコースでも上手く行くようになるでしょう。更に軌道が安定すれば完璧です。具体的な直し方はこの質問の文面からは原因を特定出来ませんのでごめんなさい。