左肘が引ける♪ 

スライスで悩んでいる人の中にはフォロースルーで左肘が引けた状態になる人がとても多くいらっしゃいます。左肘が曲がること自体は一概に悪いとは言えません、世界のトップで戦っているリー・ウエストウッド選手のように左肘が曲がったままでも上手にクラブを振る人は数多くいます。が、左肘が体から離れ、曲がり、肘の先が体の外を向くような状態が「左肘が引ける」状態でこれではフェースが開いたまま振り遅れ、ヘッドスピードも速くなりません。

nbsp;

インパクト直前~フォローにかけての左腕の仕事は、仮に正方形の断面になるような四角柱型のグリップを装着してセットアップ時に一つの面がボールに向いているとしたときに、ボールに向いた面とターゲットに向いた面に対して左腕が強い圧力をかけることができるのが良い状態です。それに対して左肘が引ける人はアドレス時にターゲットに向いた面の裏側に圧力をかけてしまっているはずです。

nbsp;

正しく圧力をかけられていれば肘が曲がっているか伸びているかはあまり問題ではありません。これを治すためにはアドレス時に両手で押し合い、両肩を下に強く下げるような力がセットアップからインパクト直後まで入り続けるようにできれば改善されるはずです。それでも改善されない場合は肩関節の中で上腕骨が自分から見て左右に動いていることが考えられますので、脇をしめるなどしてこれを固定して体全体を使って腕がつられて動く状態に出来れば完治するはずです。

nbsp;

平たく言うと腕を動かさずに肩でクラブを振ることができれば左肘が引けることはなくなります。そのためのコツは人それぞれですのでお心当たりの方はお試しください。

nbsp;

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

nbsp;

nbsp;