よくあるスライス

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ 一番多いんじゃないかというスライスのお話です♪

 

手で持ったボールを2メートルほど先のバスケットに向けて投げるとすると、そんなにひどい投げ方をする大人は少ないと思います。

 

目標に向かって腕を振って何かを投げることはさほど難しくありませんが、ゴルフのスイングはターゲットに向かって腕を振ると、右にスライスか振り遅れて右に飛ぶボールになりがちです。

 

初心者はこれが原因でスライスになることが多いですし、上級者でも狭いホールなどの緊張した場面などで置きに行ってしまいミスする状態のパターンのひとつにもなっています。

 

この目標に向かって手を出していってしまうのは人間の本能に近い部分かもしれません。

 

実際には、腕は身体に沿って振られ、フォローではターゲットラインからどんどん離れて行くようになった方が再現性の高い安定したスイングになります。

 

ターゲットより左に向かって手が動くこととストレートに近いボールを打つことが頭の中で一致させることが出来ると、ボールのコントロールが易しくなると思います。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|