グリップを自分仕様に

ゴルフスイングは、インパクトがすべてと言っても過言ではないと思います。

 

インパクトでクラブフェースが、ターゲットに対して直角に当たれば、ボールはターゲットに飛びます。インサイドアウトの軌道ならドローボールになり、アウトサイドインの軌道ならフェードボールになり、オンプレーンの軌道ならストレートボールになるという違いだけです。

 

しかし狙った所にしかボールが飛ばないという人はいないと思います。左へのミスショットが多い人、右へのミスショットが多い人など様々でしょう。

 

左へのミスショットが多い人は、インパクトでクラブフェースが狙ったターゲットよりも左に向いて当たっているという事になります。

 

上級者で、左へのミスを防ぐ為にグリップを調整している方もいます。

 

通常ゴルフクラブのシャフトは、クラブヘッド側が細く、グリップエンド側が太いテーパー形状になっています。したがって右打ちの方なら左手のグリップの方が右手よりも太い部分を握っている事になります。

 

グリップの下側に巻く、下巻テープの右手に当たる部分を太く巻くことで右手を殺す事が出来ると思います。実際プロゴルファーにも、下巻テープを左手部分よりも右手部分を多重に巻いて、クラブフェースが返りづらくしている人もいます。

 

パターでも逆テーパーと呼ばれる、右手部分が太く作られているグリップを装着することで、ヒッカケが治ったという人もいます。

 

上記の例は、右手を殺すことで左へのミスを防ぐ方法だと思われます。右へのミスは反対の事をすれば良いと思います。グリップを細くしたりすれば、フェースは返り易くなるでしょう。