上達とメンタル

「ゴルフを始めたころはもっと強気のパットができたのになぁ」

 

という上級者の独り言をよく耳にします。

 

初心者や中級者の方にはなんだかピンとこない言葉かもしれません。

 

ゴルフというスポーツは上達の過程で沢山のミスをして、上級者になるころには大たたきにつながらないようなディフェンス主体のゴルフスタイルが確立されるようになります。

 

大たたきにつながるケースでは、OBやスリーパット以上などが絡む事が多く、上級者はそれらのミスを回避することに優先順位をおくために常にアグレッシブにコースを攻めれなくなりやすいともいえると思います。

 

気持ちのメリハリをつけるためには、ディフェンスの状況かオフェンスの状況か自分の中ではっきりと決断してコースをラウンドされると良いでしょう。