スコアの違い

練習場で、平均スコアが100の方と90の方のショットを見比べてみても、どちらが上手いゴルファーなのかはっきりと分からない場合もあるのですが、一緒にコースをラウンドすると、やはり平均スコアが10ストローク違うなと感じるケースがあります。

二人のゴルファーのコースマネジメントを観察していると、90で回る方は、自分の技術の範囲内でプレーをされているように感じるのに対し、100で回る方は、確率を考えた時に、8割方失敗するであろうと思われるショットなどに果敢にチャレンジし、トリプルボギーやダブルパーなど、大叩きのホールを作ってしまうケースをよく見かけます。

私が昔、師匠に教わった言葉に、ゴルフ技術は一朝一夕には身につかないので、今のゴルフの技術で、頭を目一杯使って、良いスコアを出すことを考えなさいと言われました。

シングルプレーヤーや、プロゴルファーなどになった方も、知らない間にいいスコアが出て、しばらくたって上達を感じる事が出来るようになったという声をよく聞きます。

技術が先で、スコアが後からついてくるものではなく、良いスコアが自信となって、後から技術が追いついてくるという考え方が個人的には好きです。