テクニックの習得

今から、35年程前には一部のメンバーシップコースでクラブの本数を制限しての競技が行われていたそうです。1本競技や3本競技などと呼ばれ、日頃鍛えたテクニックを駆使してラウンドをしていたようです。

 

クラブの本数を制限すると、テクニックの習得だけでなく、コースマネジメント能力も身に付くと思います。

 

シングルプレーヤーを目指す方や、競技会で上位入賞を目標にしている様な方には、是非一度は挑戦してみて欲しいと思います。必ず何か得るものがあるはずです。

 

そんなゴルフはつまらないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、競技ゴルフはスコアを作るゴルフで、やりたい放題の気持ちの良いゴルフではなく、我慢のゴルフを強いられるものだと思います。

 

例えば1.5ラウンドを回って、最後のハーフは3本だけを使用出来るルールなど、上昇志向の強い仲間を集めて開催するのもゴルフのレベルアップに有効だと思います。