終盤にシャンク

ラウンド前半は調子が良かったが、後半になってからシャンクが出始めてスコアを崩してしまう事があるという方がおられました。

 

ラウンド後半にでる事が多いらしく、疲れやすい体質であるという認識を本人も持たれています。

 

疲れとシャンクという事で考えてみた場合、私感ですが左脇の閉まり具合の影響が考えられるのではないか?と思います。

 

トップからクラブを振りおろしてきた時に左脇が緩むと、シャフトが背中側に倒れクラブヘッドが極端にインサイドに位置しクラブフェースが開きます。

 

上記のようなスパイラルに陥った場合、シャンクが多数でて、それを嫌がり意図的にフェースをかぶせてヒッカケというパターンにはまる可能性が考えられます。

 

前半のスタート時間当たりは、体の疲労もなく、また適度な緊張もありスイングも脇がしまりコンパクトだったのかもしれません。

 

後半になってシャンクが出るという自覚症状がある方は、左脇のしまりを意識されるとそのまま前半のペースで完走できるのではないかと思います。

 

シャンクでお困りの方、GSIゴルフジムでは、
各自のレベルに合わせた、レッスンを用意しておりますので、まずは体験レッスンをお申し込みください。

⇒体験レッスン申し込みはこちら