フェースを開こうとするとシャンクを減らせる

シャンクするという事はインパクトでアイアンのネックとボールが当たってしまうという事なので、ネックがアドレスよりもスタンスから離れなければ予防できるという事になります。

 

それにまつわる要素として、シャフト軸を回転させることがあります。

 

クラブをグリップしてシャフト軸を回転させようとすると、クラブ全体の重心を中心に回転しようとします。

 

すると、シャフト軸を回転させようとすると左右どちらに回してもネックはターゲットラインに近づくのでシャンクしやすくなります。特に反時計回りに回した時にシャンクしやすくなります。

 

このケースはスライスばかりする初心者が手を返して真っ直ぐに打とうとする事がやり過ぎになった時期にシャンクが出やすくなります。

 

これに思い当たる方はフォローのフェース向きが現在より開いている状態になるようにするとシャンクが出ないようになっていくと思います。