2通りのシャンク

シャンクしてしまう人のスイングで大雑把に区別すると、ダウンからフォローにかけてグリップがターゲットラインに近づいてしまう人と、ダウンスイングの始動からグリップがターゲットラインに近づいてしまう人います。

 

インパクトの時のグリップの位置がアドレスのグリップの位置よりもターゲットラインから離れていればなかなかシャンクにはなりません。

 

なのでダウンからフォローにかけてグリップがターゲットラインに近づいてしまう人はこの間にグリップがターゲットラインから離れるような振り方を、ダウンの始動でグリップがターゲットラインに近づく人はダウンのグリップの始動の方向が真下に向かって動き始めるようになればシャンクがほぼ出なくなります。

 

部分的な修正でなく、この根本部分をクリアするためにどうするかを工夫して試してみることを続けていればシャンク撲滅成功となるでしょう。