脱シャンクのための練習法

シャンクとはアイアンのネック部分にボールが当たり極端に右へボールが飛んでしまうショットです。構えた時にフェースのセンターにボールを構えている状態からシャンクが出るとしたら構えた時のヘッドの位置よりもインパクトでは自分からヘッドが離れた状態になっているということになります。

 

ということはインパクトでヘッドを自分の方に近づければシャンクは出ないことになります。このための練習法として、壁にアイアンのトーをつけて壁に沿ってボールを飛ばすようにセットアップしてください。ボールは不要です。構えたらトーが壁から1㎝離れるように体全体を壁から離してください。この状態で素振りをして壁にヘッドがかする程度ならシャンクは出ません。もし、本当に壁を叩いてしまったら壁もヘッドも傷がついてしまうのでこの壁の代わりを何かで代用するとシャンク防止のためのいい練習になると思います。

 

例えば練習場でアイアンの練習をするときに、ゴムティの手前(自分寄り)にヘッドをセットしてこれから打つボールをそれに合わせてセットしティにヘッドが当たらないように打てればアイアンの芯かトー寄りでヒットできますのでシャンクは出ません。もしシャンクが出るときはティを叩いてしまっているはずです。このティを叩かずにシャンクを打つことはできませんから、どのように振ればティに当たらずにスイングできるかを自分で見つけてみましょう。それがあなたにとっての絶対にシャンクが出ない打ち方になります。お試しあれ。