ロブショットとシャンク

グリーン周りの絶好のライから、ロブショットを打とうと試みたら、シャンクが出てしまったという経験をされた方はきっと多いと思います。

球を高くあげようとした状況の裏には、恐らくライは球が浮いていて、地面とボールとの間に隙間があったのではないかと思われますが、この状況がシャンクを生みやすくさせます。

ボールとクラブヘッドが当たる位置の関係を考えた時に、クラブヘッドのリーディングエッジ部分に球が当たった場合とクラブヘッドのスコアラインの3〜4本目に当たった場合を比べると、スコアラインの3〜4本目に当たった時の方が、クラブヘッドのネック部分との距離が近くなります。

シャンクが止まらなくなった人へのアドバイスとして、トップ気味に打ちなさいと言う方がいますが、確かに、トップボールを打てば、ネック部分からは離れた所に当たりますので有効なアドバイスと言えるかもしれません。

シャンク持ちの方は、ロブショットを試みるのは、大変危険とも言えますので、ランニングアプローチやピッチエンドランを基本として、寄せワンを組み立てるのが良いと思います。