シャンクと手の通り道のお話です♪

シャンクはアイアンのネック部分に当たるミスショットで、ネックがターゲットラインに近づくか超えてあたってしまうとシャンクになります。

 

このネックがターゲットライン寄りにずれる原因の一つに、脚が手の通り道をふさいでしまう事で手がターゲットラインに近づいてネックも一緒に前に出てしまいシャンクになるケースです。

 

インパクト前の手の通り道を右膝が前(ボール寄り)に出て太腿が邪魔をしたり右腰が前に出て邪魔をしたりするとアウトサイドインの軌道になってヒッカケが出てしまい、これを嫌がってアウトサイドに抜いてヒッカケを防ごうとするとヘッドが元の位置に戻らずシャンクになってしまいます。

 

この手のミスは右が軸足であることが多く、右サイドを中心に左サイドが後ろに引けていけば良いのですが、早めに左足に体重が乗ってしまったときに右サイドが前に出てしまい、上記の動きになってしまいます。

 

右が軸になる人はクラブヘッドが振り切れてから左足に乗ってフィニッシュに向かっていくようになると少なくともシャンクの予防にはなると思います。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|