構え方のポイント

今回は、初心者の方やシャンクが出やすい方に向けてのアドバイスです。

自分自身のアドレス(右打ちの方)を飛球線後方から見た時に、股関節が織り込まれて”く”の字が出来ているかどうかを確認してみて下さい。浅くても良いので”く”の字があれば構いませんが、どうもなさそうだな~という方は以下の方法を試してみて下さい。

両足を肩幅位に広げ、両手で鉄棒の逆上がりをしようとする時のように目線の高さでゴルフクラブを握ってみて下さい。その状態で握ったクラブを腰骨の辺りに当て、その部分を起点に背筋を伸ばしたまま上体を少し前に倒して下さい。それが出来た後に軽くひざを曲げてアドレスを作ります。重心はおおむね足の指の付け根あたり(軽くジャンプして着地したとき乗ってる部位)が目安です。

この様に構えを作ると、骨盤の向きが直立した状態から前に倒せて、地面にあるボールを打つのにやさしい体勢にしやすいです。

初歩的な事ですが、今一度確かめてみて下さい。(^J^)