アンプレヤブルを上手に活用しましょう

プレー中、球がプレー出来ない箇所に止まってしまった場合、1打罰でアンプレヤブルという救済を受けることができます。

 

他の無罰での救済では例えば、カート道からの救済を受けた場合は、ドロップした球がカート道の影響を受けるなら再ドロップしてカート道からの救済を受けきらなければなりません。

 

ドロップした球が打ちやすそうなところに止まってもカート道にプレーの線やスタンスがかかる場合は再ドロップをしなければなりません。

 

https://os-golf-school.net

 

しかし、1打罰を払ってアンプレヤブルの救済を受ける場合は、もし元の箇所に球が戻ってしまったらそのままあるがままにプレーしなければなりません。

 

アンプレヤブルを10回しても元の位置にボールがある可能性もあるので、ドロップした球がどのように転がって止まるかを想定してドロップをする個所を決めましょう。

 

アンプレヤブルの際はざっくりいうと。

 

①前位置の最も近く

②球とホールの延長線後方から2クラブレングス以内

③球から2クラブレングス以内

 

の3つからドロップ位置を選択できます。

 

前位置がティインググラウンドの場合はティインググラウンド内のどこにでもティアップをして打つことができます。

 

1打目が木の下に行ってアンプレヤブルを受けたら3打目をその個所からプレーすることになるので、うまくすればOBよりマシで済ませられるかもしれません。

 

アンプレヤブルを上手に使えば無駄な大叩きを防ぐこともできますので、冷静な判断をお願いします。

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

You Tubeにレッスン動画をアップしています。
⇒レッスン動画はこちら