冬のパッティング

冬場はグリーンの芝の成長も止まるのでグリーン面の滑らかさが夏場と比べるとなくなります。

 

そうすると、目に見えない凹凸に蹴られてボールがカップからそれてしまう事が起きやすくなります。

 

特に凍ったグリーンが溶けた後は足跡が付きやすくイレギュラーな転がりにとてもなりやすくなります。

 

冬場に限った事ではないのですがパティングはグリーン面の状態に邪魔されて自分が良いパットをしてもカップインしない事はよくあることで、自分にはどうしようもない問題です。

 

パッティングではこうした事が起きる事は常に織り込み済みで考えておけば必要以上に怒ったり嘆いたりせずに済むようになり心の平静も保てるようになります。