ボールを変えると距離が変わる

ボールを変えると飛距離が変わるという事は試打マシーンなどにより実証されています。

 

しかし機械で一番飛んだボールが人間に当てはまるかといえば必ずしもそうではありません。

 

なので、自分に合ったボールを探すのはなかなか大変な事ではないかと思います。

 

ボールを変える事で飛距離が変わるという事は、グリーン上で球が転がる距離も変わるという事も言えると思います。

 

グリーンのスピードを測る道具にスティンプメーターというものがあります。

 

この道具を使用しグリーンのスピードを計測した時にAというボールで測った場合には3m転がったとします。しかしBというボールで測った場合には2M70cmしか転がらないケースもあるのです。

 

さらにドライバーの飛距離などと同様に、プレーヤーによって転がるボールの距離は変わるのではないかとも考えられます。

 

何が言いたいかというと、巷にあふれているボールのうたい文句は過去最大の飛びなどという言葉で宣伝されていますが、万人が同じ結果にはなりえないという事です。

 

スコアメイクには飛距離とグリーン上のタッチの両面で自分の感覚にフィットするボール

を探すという事が大切な要素になります。

 

クラブと共にボールの試し打ちなども積極的に行っていただけると良いと思います。