コーライグリーン

少なくはなってきましたが、夏はコーライグリーンでプレーする機会があると思います。

 

コーライグリーンと言えば強い目、スピードが遅いのが特徴です。特に今は速いベントグリーンでプレーする機会が多いのでコーライグリーンでのプレーはカップに如何に届かせるか重要なカギになると思います。

 

対策としてはパターの調整で言えば、バランスを軽く、シャフトを軟らかく、長く、グリップを細く、する等が有効です。

 

打ち方はアプローチのように打つ、ハンドダウンにするなどして、タッチを強くして合わせるのでなく、普段と同じタッチで打ってカップに届くようにする工夫も有効です。この方が次のラウンドでベントグリーンになった時にタッチが合わせられると思います。

 

コーライグリーンでのプレー機会は年々少なくなって行く事が予想されますので、クラブや打ち方を普段とはっきり別物として対応しておく方が得策になると思います。

 

そして、ベントグリーンのプレーに馴れていると芝目のチェックが忘れがちになりますので、普段のルーティンの中に芝目をチェックする事を加えましょう。