ロングパットの打ち方

パッティングの打ち方の基本は手首をロックしてショルダーストローク、グリップはハンドアップになるように握るなど、球が飛び過ぎないことと、再現性が良い事を目的とします。

 

ただし、ロングパットの場合はこの基本に縛られると上手くいかなくなる可能性があるので注意しましょう。

 

ロングパットの際は、フットワークを使ったり、リストをわずかに使ったりするなどして、強く打ちやすいストロークにアレンジするのもありです。特に女性の場合はショートパットと同じ打ち方だと大きくショートしてしまう事がありますので、ロングパットの際は打ち方に縛られず距離感が出しやすい自分固有の打ち方を知っておくといいと思います。