グリーンエッジからパターで打つ時の距離感

グリーンのカラーからのパッティングでボールからグリーンエッジまで80センチでホールまでグリーンエッジから軽い上りの7メートルの状況から打つとします。

 

この時のポイントはカラーの部分でどのくらいボールの勢いを殺されるかの読みで、これを読み過ぎてオーバーしてしまうのがありがちなミスです。

 

パターにも2°~4°ほどのロフトがありますのでボールをヒットするとボールはわずかに空中を飛び何度かバウンドしてから転がり始めます。

 

上記の状況ではカラーで1回バウンドして2バウンド目がグリーン上になるかカラーを飛び越えてしまうかもしれませんのでグリーン上から打つのとほとんど距離の差は出ないのではないかと思います。

 

もしこれが速いグリーンの下りの状況であれば、かなりゆっくりとしたヘッドスピードでボールを打つのでボールはほとんど空中を飛ばないので打出されてすぐにカラーの芝の抵抗を受けますからこの場合はグリーン上からのパッティングよりもやや強めに打って行った方がいいでしょう。

 

グリーンエッジからパターで打つとオーバーすることが多い人はパターで打ち出されたボールはわずかに空中を飛んでいく事を計算に入れるようにしてみると距離が合いやすくなると思います。