アンカリング

来年の2016年からアンカリングを禁止するルールが適用されます。グリップエンドや前腕を胴体に固定する事を禁じるという内容です。

 

このアンカリングを禁じるルールなだけで、中長尺パターが禁止されるものではありません。

 

長尺パターはアンカリングが規制されても有利な点は残りますので来年禁止されて以降も使い続ける人もいるでしょう。

 

有利な点とは単純に重いという事です。重いからクラブに任せ切って、振り子のように安定したストロークが出来ることです。イップスに悩む人はアンカリングをしないで使い続けた方がいいかもしれません。

 

悪い点は技術の研鑽がおろそかになる危険がある事です。昔の長尺ユーザーはカッコ悪い印象があったのですが、アダムスコットが使うとカッコよく見えるのでこの点は問題ないのでしょうか?

 

また、この規制は伝統的なストローク法を守る事が最大の目的だと思われます。

 

具体的にどのように規制されるかは正式には決定されていないようですが、来年の適用後に何度か改訂されていくことになるような気がします。