グリーン上のマナー

グリーン上のマナーを守り、気持ち良くラウンドをしましょうというお話しです。

パットの醍醐味は、カップ際で自分の読んだライン通りにボールが転がりカップインする事だと思います。

しかし、カップの近くは打った打球の球足が一番弱くなる場所でもあるので、地形の影響をもろに食らってしまう場所でもあります。

ゴルフの正式なルールでは、カップの近くを踏んでもペナルティは課せられませんが、欧米のプロツアーなどでは、1フィートルールなる暗黙の掟があるそうです。

このルールは、カップインしたボールを拾いあげる時には1フィート(約30.5センチ)以上離れて、手を伸ばして拾いましょうというものだそうです。

確かにスタート時間が遅い組などは、たくさんのプレーヤー達がカップ周辺を歩いた後にグリーン上をプレーするわけですから、公平の理念に基づいた紳士的な考え方であると思います。

皆さんもグリーン上では、1フィートルールを遂行し、皆で気持ち良くラウンド出来るように心がけてください。よろしくお願いします。