ショートパットの練習

ショートパットに難がある方のストロークを拝見すると、手先のコントロールに頼った打ち方をされる方が多いように感じます。

その結果インパクトが強く入ったり、逆に緩んだりするのでボールの転がり方が一定しません。

真っ直ぐなラインなら方向さえ良ければ入りますが、曲がり幅の大きいフックラインやスライスラインは、強すぎると切れず、弱すぎると曲がってしまう為に、一定の強さで打てるタッチを身につける必要があります。

私のお勧めの方法は、肘と手首、脇を固めてしまい、肩の動きで、ストロークの強さを調節する方法です。

ショートパットを苦手としている方は、体の動く部分を極力少なくされる方法を考えると良いと思います。