パット数を減らす

ラウンドで安定したパット数を残すには、3パットをしない事、そして短い距離のパットを確実にいれる事につきます。

その為には、まず1メートルの距離を徹底的に練習をして確率をあげる。

そしてロングパットは、カップを中心に半径1メートル以内(直径2メートルの円)以内に寄せる事が重要です。

5メートル前後の距離は、確率を考えてみても簡単に入る距離ではありませんから、練習としては、上記のようにショートパットの精度を上げる事と、ロングパットの距離感を磨く練習をされる事をお勧め致します。