可変式パター

ドライバーやフェアウェイウッドはカチャカチャやってロフトやライ角の調整機能が付いていることが当たり前になりつつあります。

パターでも自分のストロークが決まっていくほど自分に合ったロフトやフェース向き、ライ角、重さ、長さが決まって行きます。現在はごくごく一部のモデルで調整機能が付いたものも出てきましたがパターはウッドほど転がりに大きな変化は起きませんが、構えやすさ、振りやすさには大きく影響があると思います。

パターはウッドと違いシャフトやネックを曲げて調整出来るので無くても事足りますが、アマチュアの方の自分用スペック探しやクラブに対する勉強にはとてもいいとおもうのですが調整機能付きパターが今後広まって鉛を貼ったり切ったり曲げたりしなくてもいい時代が来るかもしれません。