自分の傾向を知る

パットについてです。

ショートパットを苦手としている方は、自分の視覚で感知し、狙いを定めた場所と実際にパターフェイスの向いている向きが一致していない方が多いと思います。

初心者や中級者に限らず、上級者やプロでも自分の狙った場所とパターフェイスの向きがズレている方はいます。

しかし上級者やプロは、自分のクセや傾向を把握されている方が多く、上手に対処されています。

例を挙げて考えてみます。

自分ではカップの真ん中を狙っているつもりが、実際のパターフェイスの向きはカップの右淵を向いているとしたら、
まっすぐのライン、もしくはフックラインであればカップインするでしょうが、スライスラインは入りません。反対の場合もしかりです。

しかし上記の傾向を把握していて、自分のまっすぐは右淵に向いていると分かっていれば、自分の視覚ではカップの左淵を狙えば、実際のパターフェイスの向きはカップの真ん中に向き、スライスライン、ストレートライン、フックラインの全てのラインがカップインする可能性が高くなります。

自分がどのようにアドレスしているのかをセルフチェックするのは難しいと思いますので、知り合いや、友人の方に一度お願いして、ゴルフ場の練習グリーンなどでチェックしてもらうと良いでしょう。

自分でセルフチェックをしたい、もしくは正しく構える練習をしたい方は、先日ご紹介した、自立型パターや光で向きをガイドしてくれるパターなどをご購入ください。