夏のパッティングはカップの下側に入れる

梅雨から夏にかけてのゴルフはコーライグリーンや濡れたグリーン、

 

刈り高を高くしたグリーンなどでプレーするためグリーンのスピードが遅い中でプレーする機会が多くなります。

 

ロングパットやショートパットが打ち切れずショートしやすくなります。

 

重要なのはショートパットで、曲がるラインなら重いグリーンほど曲がり幅が小さくなります。

 

カップの下から入るようなライン取りをして、強めに打つようにするとカップインの確率が高くなります。

 

上から入るように設定すると強く打ったときにカップの上を抜けてしまうので、

 

重いグリーンは寄せること自体は易しいので、

 

 

曲がりを小さく読むかカップの下側に入れるように強く打ちましょう。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。