真夏のグリーンは重くなるので対策をしましょう

真夏のゴルフ場のグリーンは暑さからグリーンを守るために芝生の刈り高を高くし、水やりもたっぷりやります。

 

なので、真夏はグリーンが重いことが普通です。

 

なので、重いグリーンに対する対策が必要です。

 

同じ強さで打って遠くまで転がるパターを使うか、振り幅を狭くして強くヒットするなど打ち方も普段と変えて対処しましょう。

 

真夏の暑さを乗りきると、冬に芝生の成長が止まるまでの期間が一年で最もグリーンコンディションがよくなります。

 

それまでは自分なりの重いグリーン対策をして乗り切って行きましょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。