大きな山と芝目?

大きな山の裾野に広がるゴルフ場があります。これらのゴルフ場は全体がわずかに傾斜していてなだらかな地形です。その為ゴルフ場の造成の際はこの傾斜はそのまま残しデザインされます。

 

このゴルフ場全体の傾斜をプレーヤーは水平であると錯覚しやすくなります。すると目で見た傾斜通りにパッティングをするとコース全体の傾斜分だけプレーヤーの思わぬ結果を生み出します。

 

具体的に説明すると、大きな山の山頂を左手に見てプレーするホールでコース全体が2°右に傾斜しているとします。グリーンは2°の傾斜を1°ほどに補正するためにフェアウェイからみて右側をわずかに余分に土を盛ります。このグリーンでピンがセンターに切ってある時に真っ直ぐ手前にオンしたとするとこのパットのラインはどうなるでしょうか?

 

目ではグリーン右側を盛り上げて造った傾斜を見て1°傾斜したフックラインに見えてしまいます。しかし実際は1°右に傾いているのでフックラインと読んだプレーヤーが右に打ち出したボールは右へ曲がり、ボールが坂を登っていくように曲がっていく錯覚をします。

 

大きな山の裾野にあるゴルフ場は上記のコース全体の傾斜を芝目と称してプレーヤーに伝えているゴルフ場がとてもたくさんあります。実際には芝目ではないのですが、見えない傾斜を見ようとするよりは、芝目と割り切ってその分を加味してラインを決めた方が考えすぎずに済むのでいいかもしれません。

 

ただ、傾斜の読みに優れた人はそんなこと考えずに見えたとおりに打ってカップインさせてくる人もます。私の場合は全くこの場合の正しい傾斜は見えませんが、どちらに大きな山の山頂があるかの情報を得た上でそちら側から傾斜してるんだと思って傾斜を見ると第一印象よりは実際の傾斜に近く傾斜を感じる事が出来ます。大抵少しずつ読み違えて入りはしませんが、3パットはしないで済みます。

 

みなさんも次にこのようなゴルフ場でプレーする機会があれば確かめて欲しいと思います。