ガードバンカーのライの見極め

バンカーでレッスンをする際に上級者と初中級者の違いを感じる点があります。それはボールを置く際に上級者はいいライを選んだり作ってボールを置くのに対し、初中級者の方は無造作にボールを投げ落とし目玉になったボールや、かき寄せて砂が凹んだところにはまり込んだボールを打とうとします。

 

これは上級者ほど少し沈んだボールといいライのボールを打つ際にどのようにソールを砂にぶつけるかを想像しているので少し沈んだボールを打つ事がどれほど難易度が高いかを理解できているからだと思います。よほどのバンカーの達人でない限り、バンカーショットの練習はいいライを作り、そのボールを確実に打てるように練習しましょう。