冬場は鉛を貼って低重心化を図りましょう

以前に、冬はクラブに鉛を1~2グラムほど貼ると良いという記事を上げましたが、ボールが浮かなくなるので、FW、UT、アイアンは低重心化を図るとより冬の状況にマッチします。

 

1~2グラム程度ではたいした変化は起きませんが、アイアン、UTはバックフェースの最もソール寄りに、フェアウェイウッドならソールのヒール寄りか、トー寄りに貼るといいでしょう。

 

実際の効果よりは、「鉛を貼ったから球が上がりやすくなっている」という心理的な安心感になる事の効果の方が大きいかもしれません。

 

いわゆる「お守り」ですね。

 

シャフトが軟らかすぎると感じている人はむしろ冬場の方が打ちやすくなるかもしれませんので例外とさせて頂きます。