ボールが浮いているライからの注意点

ラフやフェアウェイの芝生の上に浮いているボールはとても打ちやすく簡単に感じますが、注意が必要です。

 

コースによってはフェアウェイの刈高が高かったり、芝刈りの直前だったり、ラフの芝生が元気に成長していて密度も高かったりすると、靴の底からボールの底部まで20~30mmくらい浮いていることがあります。

 

この状況はドライバーと同じ高さのティアップで打っているのと同じくらい地面から離れて浮いています。

 

この事を理解していないと、ひっかけたり、テンプラ気味のショットになってしまったり、痛い目に遭う可能性が高くなってしまいます。

 

ボールが浮いて自分が沈んでいる状態といってもいいのですが、どちらにしても軽いつま先上がりと同じ足との位置関係なのでリーディングエッジをターゲットラインに直角に合わせるとフェースは左へ向いてしまいますので、クラブを短く持つか、フェースを少し開いてグリップするか、やや右を向いて構えることでフェースをターゲットに向けて構えるようにしましょう。

 

また、アウトサイドインの軌道の人はテンプラに似たショットが出やすいですから、このようなケースはクラブを短く持ってだ振りにくくする構えを取りましょう。

 

上手く構えられれば、ボール自体は当たりやすいミスに寛容なライですから良い結果が期待できると思います。