シングルへの近道は番手毎のキャリーを知る

シングル以上を目指す方は自分のクラブの番手ごとのキャリーの距離を知っておくと良いと思います。

 

そして番手が変わるごとにキャリーの距離にしっかりとした変化をだすにはクラブセッティングが大切になります。

 

ヘッドスピードが男子プロ並みに速い方は気にしなくても良いと思いますが、ヘッドスピードが40前後の方はアイアンを何番までいれて、ショートウッドやユーティリティを何番から入れるかという選択が非常に大切になります。

 

最近のアイアンはロフトが立ってますので、どこかでキャリーがしっかりと出せないところが出てきます。

 

例えば6番アイアンと5番アイアンで打った時にキャリーとランを含めた距離では5番アイアンのほうが飛ぶがキャリーのみで測った場合に6番の方が飛んでいるとしたら5番アイアンは捨ててよりキャリーの出るユーティリティかフェアウェイウッドに変えるという選択が望ましいと思います。

 

最近の女子プロのクラブセッティングがまさに上記のセッティングになっており、ひと昔前と比べてもものすごいアンダーパーが出ているのもクラブセッティングが上手だという事ではないでしょうか。

 

コースではなかなか正確なキャリーが分からない方は、高性能の弾道測定器などを導入しているショップなどで見てもらうと良いと思います。