「考えてゴルフをしろ」「考え過ぎはいけない」どっちやねん!?

「ゴルフは耳と耳の間でするスポーツだ」といわれる事があります。

 

脳みそを使う、頭脳戦であるという事で、「もっとよく考えてゴルフをしろ」、そうしないと良いスコアが出せないぞ、という事です。

 

一方、「考え過ぎるとろくなことないぞ」なんて言われることもあります。

 

ゴルフをやっているとよくある、どっちやねんです。

 

考えるべきなのは戦略です。

 

自分の置かれている状況、ボールのライ、風向きと強さ、ピンの位置、グリーン周りの状況などの情報を収集してターゲットを絞り、どうしたら最悪のミスだけは防げるか?

 

そうして決まったターゲットを動物的に本能的にプレーしてターゲットに運べれば理想的なゴルフです。

 

作戦立案に頭を使って、本能的にボールを打つとショットは良くも悪くも傾向がはっきりすると思います。

 

ショットの傾向がはっきりすれば、より作戦も立てやすくなり好循環になります。

 

考えながら良いスイングをしようとするのは練習場でやるべきことで、この練習をどれだけやったかが無意識のスイングの質を高めてくれますし、それがその人の実力といってもいいと思います。

 

練習では上手く打てなくても考えながらスイングする事は必要ですが、コースでは何も考えずターゲットに向かってスイングするべきで、その時に出来るスイングが自分の実力です。

 

もし実力が足りてなければミスショット連発もやむなしです。

 

という事で、コースではスコアを出す勉強をして、練習ではどういうスイングにしていくか?の勉強をするつもりで臨むと効率よく上達できると思います。