雨の日のラウンドはカチャカチャでロフトを増やして回ってみましょう

最近のドライバーはフェース向きの調整機能がついています。

 

強めの雨の日はこれを活用してロフトを増やしておくと楽にプレーが出来るようになります。

 

特にフェースがツルツルしているドライバーは要注意です。

 

フェースやボールが雨に濡れるのでフェースとボールの間に水が入りボールがスリップしてスピン量が普段よりも極端に少なくなりキャリーが出なくなります。

 

その上、地面はぬかるんで転がらないので飛距離が大幅に落ちてしまいます。

 

そこで、普段と違った打球になってしまうのをロフトを増やすことで補正すると飛距離の落ち込みを防ぐことが出来ます。

 

度合いとしては思い切って1°以上変えてしまってもいいと思います。

 

仲間同士のラウンド中に雨が降ってきたら調整させてもらってもいいのではないでしょうか?

 

昔なら雨用の別のクラブに変えなければならなかったのですが、今ならカチャカチャっとするだけで仕様を変更できますので利用しない手はありません。