フェアウェイバンカーの配置を考える

ドライバーショットが左右に曲がるとバンカーの待ち構えているホールがあります。

 

このフェアウェイバンカーの配置というものはコース設計家の意図がかなり反映される部分ですので注意深く観察してください。

 

フェアウェイバンカーはボールが崖や隣のホールに行かないようにする目的のために作られるものや戦略性を高めるためのものなどがあります。

 

例としては右サイドにフェアウェイバンカーがあり左サイドにはないといった場合、単純にフェアウェイ左サイドや左ラフを狙って良いか?という事を今一度確認されてみて欲しいと思います。

 

バンカーが作られているサイドは、バンカーに入らなければ易しい状況が考えられるからです。

 

同様に左右でフェアウェイバンカーの数が違う場合なども、バンカーの数が多い方のサイドが次打が易しくなるサイドという事も考えられます。

 

その日のティショットの調子などにも左右されると思いますが、逃げてばかりいてかえって状況が難しいケースなどに陥るとなると精神的に後悔が残るかもしれません。

 

始めてラウンドするコースなどでは推測する事しかできませんが、推測し決断して実行するという手順を毎回踏めば後悔することなくプレーできるのではないかと思います。

 

g11