フェアウェイに配置された大きな木を上手に避けていきましょう

asia-shimodate-2014-158[1]

コースに行くと、上のような大きな木がフェアウェイに配置されていることがあります。

 

設計家としては、距離が短いサービスホールやフェアウェイが広いホールで配置することが多いと思います。

 

この木が1打目では届かないところにあれば、1打目をどこへ打てば次のショットで上手く木を避けられるか?を考えさせられて、狭められたエリアに打つことでプレッシャーがかかりミスショットをしたら、まんまと設計者の意図に乗せられた形となります。

 

これを回避するためには、木までの距離が長くなるように距離を落として打っておきます。

 

木から距離があれば左右から交わしたり上を越えていく選択肢もありますから、確実に最悪の事態を回避することが出来ます。

 

もう一つの設計家の意図としては、せり出した林や、このような大きな一本木を配置することで、ボールを曲げて攻める技術を試そうという考えもあります。

 

最近のクラブやボールの性質上、意図的に球を大きくカーブさせることが難しいのですが、こんな時の為に大きくカーブするスライスやフックを練習しておきましょう。

 

ゴルフ場の経営者がいつも同じ木に当ててしまい、腹が立ってその木を伐採させてしまった、なんていう笑い話もありますが、設計者の意図をくみ取ってそれに対処することでショットや戦略のスキルアップにもつながって行くので、設計者との闘いを楽しんでいっていただきたいと思います。