トラブルショット

ショットを林に打ちこんでしまうことはあると思います。この時に無理をして深みにはまって大叩きをする事を経験した事がある人は多いと思います。一方、追い込まれた状態で狭い木と木の間を抜いてグリーンにナイスオンさせた経験がある方も多いと思います。

 

その時の打つ前の考え方がいつも出来たらとてもいいと思います。

 

林から脱出する時はどこの隙間にボールを通すか?球筋をイメージします。打てる球筋も限定されますから迷いがありません。正確にボールをミートしたいから適度にコンパクトなスイングをしようとするでしょう。そうして、思い通りのショットが打てた時に林の中からのスーパーショットが生まれます。ただし、いつもそのようなスーパーショットを狙ってしまうと何度も大叩きをしてしまうでしょう。なぜならそのようなショットの正確性を持っているなら林に打ちこむことはないはずです。

 

これから打とうとする球筋をイメージする事、その球筋が打てるスイングを見つけてそれに集中し迷わずスイングする事を状況が勝手にさせてくれることがあるわけです。

 

広いフェアウェイでOBもバンカーもないとしたらここに打たなければならないという場所は無いですが、こんな時でも具体的に球筋をイメージしてそれが打てるように集中するというプロセスをどんなショットでも踏むようにすると、林に打ちこんでしまうようなミスも防げると思います。