寒暖差

寒い日暑い日が続いていれば筋肉の状態も安定しているので急なスイングの変化はおこりにくいだろうと思います。

 

ところが寒い日に練習をして、翌日のゴルフが暑いと筋肉がゆるみ、その分前日のショットの傾向と大きく変わって対応しきれないことが起きやすくなります。

 

ラウンド中に汗ばむくらいだった時に上がるころに急激に気温が下がると急にそれまで出なかったミスショットが出てしまう事もあるでしょう。

 

春先のゴルフはそんな寒暖差との闘いが水面下で起きていたりもします。

 

こんな時はやはり薄いウェアを着重ねして上手に体温調整をする事もスコアメイキングの一部ですし、健康管理にも役立ちますので、着る物を工夫し元気な状態でゴルフを楽しんでいただきたいと思います。